無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月25日 (日)

本日の定点撮影 JL B787 JA841J やはりエンジン無し

2月24日撮影

2017年12月25日のFLTを最後にエンジン無きまま大空へ戻る事無く
遂に3ヶ月目に突入します。
日毎ステップの位置が微妙に変わっているので何かしら作業中なの
でしょうが・・・。このままオブジェと化してしまうのでしょうか(^^;)
JL Boeing 787-8
JA841J 34855/312   
2枚目の過去撮りの写真と見比べてみると、左右両エンジンが
取り外されているのが判ります。
Img_6272a
こちら↓は2017年8月11日撮影のエンジンの付いている”元気”だった
頃の雄姿です。
Img_4100a

2018年2月24日 (土)

デリバリーから一周年のバニラA320 JA10VA

2016年12月31日撮影

2016年11月29日デリバリーの当機は一周年目のJA10VAです。
撮影時は1ケ月経過したばかりのおニューでした。
メンテエリア脇のバニラ常連スポットへ沖留の様子です。
ただ、ここへ入られると、この後方へ駐機中のBiz撮りに非常に
支障が出るのです・・・(^^;)
JW Airbus A320-214 (SL) 
JA10VA  7411
Img_1329a
Img_1372a
Img_1377a
Img_1379a
Img_1380a
Img_1385a
レジの確認は忘れずに。JA10VA。
Img_1384a

2018年2月23日 (金)

ビスタジェットマルタ グローバル6000 9H-VJD 部分写真

2016年12月31日撮影

駐機スポットが悪く全体像が撮れない当機。
初撮りレジなので記録に残して置きましょう。
VistaJet Malta
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
9H-VJD  9472  ex C-GLFK
Img_1333a
Img_1378a
ついでにこちら。ステイが長いので再撮りのHB-JEH
Albinati Aeronautics
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
HB-JEH  9523  ex C-GSKD
Img_1312a

2018年2月22日 (木)

ケイマン諸島籍のBiz事業者 グローバル5000 VP-CES

2016年12月31日撮影

ここの所NRTにはルクセンブルグのBizが良く飛来します。
今回のLuxaviation Germany GmbHは数社が集まった企業の様です。
Luxaviation Germanyはドイツのパーダーボルンに本社を置くビジネス
ジェット事業者。そしてFairJetsはルクセンブルグのジェット会社ルクセ
ンブルクと合併し、さらにベルギーのアベラグ、フランスのユニジェットと
合併。FairJets GmbHからLuxaviation Germany GmbHへのブランド変更
をし現在に至っているとの事です。
ドイツ籍でもない、ルクセンブルグ籍でもない、ケイマン諸島籍なのは各
国の合併企業だからなのでしょうか。
Luxaviation Germany GmbH
Bombardier BD-700-1A11 Global 5000
VP-CES  9311  ex VH-DNK  M-SALE  C-FSSE
Img_1345a
Img_1351a
Img_1353a
太陽光線が強すぎるのと陽炎のメロメロでボディのストライプの
シャープさが半減してしまってます。
Img_1354a
Img_1356a
ゴールドの色遣いが中々カッコ良い!
Img_1361a
普通レジが記入されている場所はエンジンポッドなのですが、たまに
この様に尾翼に記入されていると探し回ってしまいます。逆光時や夜
間撮りの時など「レジはどこだ~」と(^^;)
Img_1358a

2018年2月17日 (土)

本日の定点撮影はJL B787 JA841J・・・JA840Jだった。

2月16日撮影

件のJL B787にエンジンが付いている!?・・・。でもノーズギアカバーのレジは
JA840J。別の機体がこのスポットに居たのでした。
こちらJA840Jは今朝06:49にJL752としてハノイからのFLTを終え、沖留中の機体
でした。その後12:38にJL717としてバンコクへのFLTへ就いた様です。
JA841Jは今度こそハンガーインしてエンジンの装着中かと思っていたのですが・・・。
なな、何とまたしても先日同様何事も無かったかのように、夜間にこのスポット
へ戻っていたのでした。何か行動が謎です(^^;)
JL Boeing 787-8
JA840J 34856/271 ex N1006K
16日の朝、エンジンが付いたJA841Jかと思ったらJA840Jでした。
Img_5256a
この日夜間にまさかの出現JA841J。しかもエンジン無きまま!
Img_5260a
以下12日の定点撮影です。あと一週間そこそこでエンジン無きまま
2ヶ月目に突入です。いつエンジンは装着されるのでしょう?
Img_4986a
Img_4990a
Img_4982a

2018年2月13日 (火)

フランス籍企業運用 ファルコン F-HSAS

2016年12月31日撮影

フランス・パリのサノフィ・アベンティス&モビリティが運用している当機
ならびにモナコ公国アルバート2世の所有機でもあるのですが、この二
者間の関係がよく判りません。アルバート2世が使用しない時、サノフィ
が借りているのでしょうか?
サノフィ・アベンティスは医薬品事業を行っている世界有数の製薬企業
の1つだそうで、日本法人は、サノフィ株式会社(通りで数回日本へ飛来
する訳です。)でさらに合弁企業のジェネリック医薬品、グループ企業の
エスエス製薬とよく知られた固有名詞が次々に(^^)。
モビリティはフランスの流通チャネルを確立している企業という事です。
この機体は2017年6月にも飛来していますがその時の写真は次の機会
にオイオイと(^^)
Sanofi-Aventis Groupe S.A. & Mobility SAS
Dassault Falcon 7X
F-HSAS  119  ex F-WWHA
op by Prince Albert of Monaco
逆光なのが残念です。
Img_1313a
Img_1319a
Img_1317a
以下、フェンスの写り込まない所で。
Img_1364a
Img_1370a
Img_1366a
ロービジじゃないですが薄色で描かれたレジは判別し難いですね。
Img_1315a

2018年2月11日 (日)

JL B787 JA841J のその後

02月10日未明撮影

エンジンが取り外された当JA841Jですが、微妙な?!動きが見られました。
9日の13時過ぎこのスポットから忽然と姿を消していました。てっきりエンジン
が届いてハンガーで取り付けていると思っていました。
後はフライトレーダーでのライン復帰の確認を楽しみにしつつ夜勤終わりの
帰宅の道すがら・・・あれれ~!?12時間前には居なかったJA841Jが!
しかも以前と変わらずエンジンの無いまま!この空白の12時間以上どこで
何を(^^)。
JL Boeing 787-8
JA841J 34855/312
12時間前は確かにこのスポットから姿を消していたのですが・・・。
以前と変化なしの状態でまたスポットインしていました。謎の行動です。
Img_4729a
Img_4732a
カバーのビニールがSF映画に出てくるような未知の物体が張り付いて
いるかのように見えます。
Img_4736a
以前と変わらず多分ビニールも外された様子もなさそうな・・・。
Img_4771a
Img_4776a
こちらは2月5日撮影で午後の斜光が美しく、つい撮ってしまいます。
Img_4499a

2018年2月 9日 (金)

南山公務 G450 B-8271 出発準備中の部分写真

2016年12月31日撮影

12月28日にメンテエリア脇スポットへ沖留されていた当機が、この日ここ
旅客ターミナル側の”間もなく出発スポット”へ移動していました。
車両等に遮られて散々な構図ですが記録の意味合いも込めて撮って見
ました。
よく見ると写真右端のキャビンウインドウ越しに何やら人影の様な物が見
て取れたので、トリミング処理してみました(2枚目の写真)。
ピンクの衣装と帽子を纏った女性か少女か・・・に見えなくもない?
実際の所人影なのか単なる物体なのかは謎ですが、私個人的にBizに乗
る事が夢のまた夢なので、どんな方が搭乗しているのかな~とつい見入っ
てしまうのです。いやホント羨ましい(^^)。
Nanshan Jet(南山公務)
Gulfstream IV-X G450
B-8271  4271  ex N471GA
Img_1306a
上記写真をトリミングしてみるとキャビンウインドウ越しにピンクの
衣装を着た人影の様な物が・・・。果たして真相は(^^)。
Img_13062

2018年2月 8日 (木)

扉全開のUA B777 N772UA

2016年12月31日撮影

12月末の快晴中とはいえ肌寒い中UAのB777が扉を全開にしていました。
キャビンの換気中?トイレでも溢れたのでしょうか(^^)
UA Boeing 777-222
N772UA  26930/5
Img_1307a
Img_1374a

アジアの真っ赤な尾翼の飛行機たち AIとZEとTW

2016年12月31日撮影

2016年撮り写真も漸く大晦日まで漕ぎつけました。
さて、メンテエリアから捉えた、離陸の為Aラン34エンドへ向けタキシング中
の真っ赤な尾翼のキャリヤたちを揃えてみました。
こうして並べて見てみるとモーフィング動画を見ている様な感じに・・・。
AI Boeing 787-8
VT-ANS  36290/232
Img_1304a
Img_1305a
ZE Boeing 737-86J (WL)
HL8052  37761/3887  ex D-ABMD
Img_1375
TW Boeing 737-8Q8
HL8294  32798/1470  ex VH-VOW
Img_1381

2018年2月 7日 (水)

オージーのレスキュー リアジェット45  VH-VVI 部分写真

2016年12月28日撮影

この夜23時半過ぎメンテエリアより旅客ターミナル方面を見てみると・・・。
そこには見慣れない機体が。
エンジンポットのレジが一部見えないので、機体に描かれている「RACQ
LifeFlight」をネット検索してみたら見事にHPがヒット!
この機体の写真が出ていました。
Care Flight(QLD) Ltdという社名とCare Flightロゴの機体写真も見受けら
れますがHPの存在からして現在の所有者はLifeFlightかと思います。
RACQ LifeFlight Rescue
Learjet 45
VH-VVI  45-262  ex N45AU  N50126
reg Owner Aeromed QLD (Pty) Ltd
急患でも運んできたのでしょうか?
よく見るとノーズギアカバーにレジの下3桁のVVIが微かに・・・。
Img_1289a
ブレブレですが(^^;)エンジンポッドのレジの一部がウイングレット
に遮られ、迷宮入りかと思いましたがHPの存在で一件落着です。
Img_1290a

2018年2月 6日 (火)

ビスタジェット グローバル6000 9H-VJP 部分写真

2016年12月28日撮影

全体像が撮れないスポットに駐機中の当9H-VJPは2015年10月デリバリー
の撮影時1年少々のおニューでした。
ボンバルディアは現在グローバル7000を開発中(試験飛行中)で、近い将来
ビスタジェット仕様のグローバル7000を撮れるのではないかと楽しみです。
VistaJet Malta
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
9H-VJP  9677  ex C-FFMV
全体的にピントが甘いです(^^;)
Img_1277a
Img_1280a
Img_1284a
Img_1285a

2018年2月 4日 (日)

FLT XLDと積雪の関係は? MU A320 B-2219

2月2日未明撮影

風雪の強くなって来た2日未明の午前1時半。JL JA841Jの右隣りの
スポットへ沖留された機体はチャイナイースタンのA320です。
2月1日にMU775便としてNKG-南京より13時26分に飛来。
折り返しMU776便15時30分予定はフライトキャンセルとなった様です。
その時間帯はまだ降雪は無かったので何かしらのトラブルでしょうか?
結局この日はステイとなった模様です。
普段ここメンテエリア付近スポットでは見かけない当機の沖留風景です。
翌日MU776A便として16時43分に南京へ向け帰国の途へ。
さて、写真ですが手前に障害物が有る為様々な角度から撮って見ました。
北西からの風雪により白夜と化し何となく神秘的な写りとなりました。
もう少し時間を掛ければ機体への積雪が見られたでしょうが、道路の積
雪の方が凄くなって来たので泣く泣く撤収となりました。
MU Airbus A320-214
B-2219  1532  ex F-WWIP
このスポットの常。常設された手前コンテナが目障りです。
Img_4324a
角度を変えると今度はポール状の物体が(^^)
Img_4327a
積雪に埋もれる前にどうにかレジB-2219が見て取れました。
Img_4331a
ニューカラーに衣替えして間もない機体の様です。
Img_4333a
上の写真とは微妙に角度が違います。
Img_4338a
霧の様ですが雪なのです(^^)機体にもう少し積雪が有れば
よりらしくなったのですが・・・。
Img_4341a
Img_4347a
空港の運用時間外の赤系スポットライトにより機体も裸電球色
に染まります。
Img_4349a
普段の夜間では尾翼は闇に包まれています。白夜ならではの
写りです。
Img_4357a

2018年2月 3日 (土)

JL B787 JA841Jの定点撮影を纏めてドン!

1月3日~1月6日撮影

岩田様いつも当方ブログを「成田空港サーバー」にて取り上げて頂き
ありがとうございます。改めてお礼申し上げます。
さて巷で話題の文春砲では無いですが、第二弾、第三弾の写真は有
るのですが何といってもブログネタの1年以上の更新遅れで・・・(^^;)
この度取り上げて頂いたエンジン無しのJA841Jですがもう少し解り易
い写真をこの機会に纏めてアップしました。
本日もウエスタングローバルのMD-11を撮る傍らメンテエリアへ寄り道
してみましたが相変わらず変化の無いJA841Jでした。
以下2枚1月3日撮影
13a
13b
以下3枚1月5日撮影
光の関係かど~もピントが合わないです。
15a
15b
15c
お次は1月6日撮影
16a

米国籍 GLEX N999YX 夜間バージョン

2016年12月28日撮影

N999YXの夜間バージョンです。
垂直尾翼に写り込んだライトがまるでオパールのイリデッセンスの様で
何とも美しいです。宝石好きにしか分からない表現でしたが宝石好きな
飛行機マニアは私くらいでしょうか(^^;)。
Jay Aviation II LLC
Bombardier BD-700-1A10 Global Express 
N999YX  9240  ex C-FLLV
Img_1269a
Img_1270a
Img_1272a
Img_1286a
Img_1287a
この赤や緑がオパールの輝きにソックリです。
Img_1288a
Img_1303a

本日の定点撮影 JL B787 JA841J

02月02日未明撮影

2日未明の深夜午前1時半、降りしきる雪の中佇むJLのB787はエンジンを
取り外されたまま早1ケ月以上が経過したJA841Jです。
キャビンに明りが灯り何やら作業中の様ですがこの状態ではライン復帰は
まだまだの様です。
JL Boeing 787-8
JA841J 34855/312
Img_4354a
カメラへの浸水が心配なので撮影を早々に切り上げたのですが
その数分の内に愛車にはこんなにも積雪が!(^^)
降雪の影響で白夜となり、街灯が有るとはいえノンストロボでこの
写り!デジカメってやっぱスゴイ。
Img_4364a

スイス籍企業所有 GLEX HB-JEH 夜間バージョン

2016年12月28日撮影

HB-JEHの夜間バージョンです。
昼間とは違う顔を見せてくれる航空機。真っ暗ですが撮らずにはいられ
ません(^^)。
レンズに入り込む煌々と輝くスポットライト(これも?)の光を遮る事が出
来ればもう少し明るく写ってくれるのですが・・・。
Albinati Aeronautics
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
HB-JEH  9523  ex C-GSKD
Img_1261a
Img_1264a
暗い中に輝く主翼下面の反射がワンポイントでしょうか。
Img_1268a
暗くてごまかしが効いていますがエンジンポットへの光の反射が2重となり
豪快にブレているのが判ります(^^;)
Img_1267a

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »