無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月30日 (金)

UA B777 N78008 ステイ続行中

2017年03月03日撮影

3月1日の朝に見かけた当機、この日の朝もステイ続行中でした。

UA Boeing 777-224ER
N78008 29478/200

Img_3857a

Img_3864a

Img_3854a

エンジンポットの内壁ってこんなでしたっけ?内壁パネルが取り外されている様

な・・・。ファンブレードも有る様な無いような、この角度では今ひとつ確認で

きませんが、もしやエンジン取り外し中?でもテールコーンが付いているのでそ

れは無いか。

※1日撮影分の内壁もこんなでした。

Img_3866a

この日の定点撮影 JL B787 JA845J

2017年03月03日撮影

この日雨上がりの朝一でとても良い天気でした。

2016年6月末デリバリーの当機、撮影時はバリバリのおニューでした。

最近ではサンディエゴ行のFLTが多い様です。

JL Boeing 787-8
JA845J 34857/441

Img_3868a

2019年8月29日 (木)

米国企業所有のグローバル6000 N46GX

2017年03月02日撮影

米国はダラスに本社を置く有名どころのテキサスインスツルメンツ社所有の

当機。社有機なのでしょうか。FLTの様子は非公開ですね。

現在も2017年当時とレジ等変更なく使用されている模様ですが、私の知る限

りではあれ以来飛来してないですね。似た様なレジはよく見かけますが。

Texas Instruments Inc
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
N46GX 9469 ex C-GLEU

写真は500kバイト目途で圧縮を掛けてますがその副作用で空の部分に弊害が発生

しています。

Img_3816a

この巨大なガードレールが目障りです。

Img_3821a

Img_3820a

Img_3817a

以下2019年9月1日写真追加

ステイの続くN46GX 2017年3月3日撮影分

Img_3858a

2019年8月28日 (水)

ビスタジェット チャレンジャー350 9H-VCG 部分写真

2017年03月02日撮影

この日見られたVJTのチャレンジャーですが残念ながら障害物に阻まれまくれ

で部分写真仕上げを余儀なくされました。

VistaJet
Bombardier BD-100-1A10 Challenger 350
9H-VCG 20545 ex C-GOYG

全長の短いチャレンジャーなので、どうにかスポットライト柱と建屋のスペース

へ収まっていたのですが・・・。ここにタラップを置くか~。

Img_3808a

一見深紅のワンポイントカラーに見えるエンジンカバー。出来れば無い方が・・・。

Img_3810a

レジの描かれたAS907-2-1A engine ポッド

Img_3814a

Img_3825a

Img_3827a

バニラの腹下から。どうせ遮られるならスポットライト柱より脚柱の方が絵になる?

Img_3834a

Img_3837a

2019年8月26日 (月)

沖留中のDL B767 レジ不明

2017年03月01日撮影

この日こちら方向(どっちだ)にはDLのB767が沖留していました。

レジは尾翼の陰で、ノーズギアカバーレジは陽炎メロメロで今ひとつ

判読不能です。こちらも訳ありステイでしょうか?

今現在どうでもいい事ですが・・・(^^;)

DLも来年3月にはNRTを完全撤退してしまうのですね。

ワン路線位残してくれても罰は当たらないと思うのですが・・・。

LHが撤退、DLが撤退。お次はSK!?みんなHNDへ取られてしまうのですね。

某千葉県知事はここの所どうお考えなのでしょうか?

DL Boeing 767 レジ不明

飛行機は翼の隅から隅までズズズイ~とフレームしたいですが、そうすると

機体が小さいんですよね~。なので、3サイズに撮って見ました。

Img_3803a

Img_3804a

ノーズギアカバーレジは何となく読みとれなくはないのですが・・・。

Img_3806a

 

2019年8月23日 (金)

UA B777 N78008 エンジンメンテ中

2017年03月01日撮影

この日の午前9時過ぎに見かけたUAのB777。

エンジン不調でしょうか。カウルを開けメンテ中のようです。

UA Boeing 777-224ER
N78008 29478/200

Img_3794a

GE90-94B engine

Img_3797a

Img_3798a

UNITEDロゴ付近の塗装剥離が痛々しいですね。コンチネンタルカラーで登場後

現CO/UAカラーになり恐らく4年経過(撮影時)。でもホワイト部分は18年経過で

しょうか何れにせよ外装もケアして上げましょ~ョ。

Img_3800a

主翼の陰で見辛いですが水平尾翼付け根付近も塗装剥離が凄そうです。

Img_3801a

この日の定点撮影 JL B767 JA621J

2017年03月01日撮影

この頃は機体を遮る障害物はそんなには無く(強いて言えばこのスポット特有の

”止まれ”か何かの標識でしょうか?主輪前方に写り込んでいる逆三角形のそれ。

機種に因っては主輪に被さりどうにも目障りです)スッキリとした写りですが、

ここ最近はオリンピックを控えてのBizスポット増設工事関連でしょうか、工事関

連車両が機体に被さり撮影のテンションが下がり気味の日々です。

JL Boeing 767-346 ER
JA621J 37548/975

Img_3785a

2019年8月22日 (木)

デンマーク籍のファルコン OY-RAD 再撮り

2017年02月28日撮影

ステイの続くOY-RADの再撮りでバックにはベトナムのB787に登場してもらい

ました。

これにて過去撮りアイテムの17"2月分終了です。また一歩リアルタイムアイテム

に近ずいた!?

Air Alsie A/S
Dassault Falcon 7X
OY-RAD 129 ex SE-DJD F-WWUA (N860SB)

巨大なB787の尾翼・・・当たり前ですが。

Img_3775a

バニラの尾翼をアップで撮ってみた。JW A320 JA12VA

2017年02月28日撮影

この日のバニラは機体の殆んどを障害物に遮蔽されていたので、趣向を変えて

尾翼の部分写真としてみた。

ピーチとの統合を控えてラインアウトし始めている機体が有る中、当機は今現在

ライン投入中です。フランス籍レジ付きの当機もぜひ撮りたい所です。

JW Airbus A320-214SL
JA12VA 7543 ex F-WWBI

Img_3767a

翼端灯のあるウイングレット周りは中々カッコ良いです。

偶然写り込んでいたピーチの尾翼。撮影当時まさかの統合を暗示して写り込んだ

のでしょうか(^^)

Img_3780a

2019年8月21日 (水)

この日見かけたKZ B747F JA11KZとXJ A330 HS-XTB

2017年02月28日撮影

この日メンテエリアから見かけたNCAとタイエアアジアX機です。

特に何の変哲も無いタキシングシーンです(^^;)。

両機ともに離陸の為Aラン34エンドへ向け転がり中で、寒中の2月ですが

陽炎でメロメロです。

KZ Boeing 747-8KZF
JA11KZ 36136/1421 ex N5017Q

Img_3764a

XJ Airbus A330-343X
HS-XTB 786 ex 9M-XXN B-HWK F-WWYZ 

Img_3765a

Img_3766a

2019年8月20日 (火)

「空飛ぶ眼科」MD-10 N330AU飛来

2019年08月15日撮影

空飛ぶ眼科ことプロジェクト・オービスのMD-10。

今となっては貴重な?MD-10ですが、各地で目撃例(撮影)の多い有る意味有名機ですね。

今回のFLTはORBIS1/13Augとしてフェアバンクスから14日15:26飛来したようで

す。何処に駐機しているのかな~と思いつつ・・・。メンテエリアだったか~。

悪い事にタラップが装着されていました。数日のステイならともかくトンボ帰り

のようでこの日11:02にベトナムはフバイに向けお帰りに。

この機体は機齢46歳のベテラン機でもとフェデックスのN301FEですが大元はフロ

リダエアや過去にはDC-8で横田基地や成田へも飛来していたトランスアメリカの機材だった様です。

機齢46年ですが2001年にDC-10からMD-10への改装の際に若返りを果たしているのかも知れませんね。

Project Orbis
Douglas MD-10-30F
N330AU 46800/96 ex N301FE N101TV
converted to DC-10-30F 7/84 converted to MD-10-30F 8/01

Img_0027a

この3時間後お帰りのようで、タラップ装着は致し方ないのですが・・・ウ~ム。

Img_0041a

Img_0021

Img_0024a

大きな”空飛ぶ眼科”のロゴ。

Img_0039a

今後もう撮る事は不可能なバニラとのコラボなどを・・・。

Img_0047a

2019年8月14日 (水)

JW A320 バニラカラーJA10VA 最後の姿

2019年08月06日撮影

JW9002便として7月17日18:44にHNDから戻って来て、ふと気が付くと

この日ハンガー前に沖留していたJA10VA。3日後フランス籍レジを付けク

アラへ行く前のまだJA10VAレジの姿です。

JW Airbus A320-214 (SL)
JA10VA 7411

Bizのグローバル5000 B-LRHのイエローテイルとコラボってみました。

暑い夏の日差しで陽炎メロメロです。

Img_2748a

これでバニラカラーのJA10VAは見納めです。

拡大して見ると機体下部にスタッフが何やら作業中なのが見て取れます。

Img_2773a

まだJA10VAレジのままの当機。この3日後F-WHUSレジを付けクアラへ旅立ちま

す。この時エンジンカウルは既にイレギュラーな物を装着していました。

Img_2777a

2019年8月10日 (土)

またまたフランス籍のバニラに遭遇。F-WHUS ex JA10VA

2019年08月09日撮影

この日バニラの出発風景に遭遇したのですが、なにやら違和感が・・・。

お見送りのスタッフが多いのでもしやと思いレジを確認してみると、思った

通りフランス籍を付けていました。そして元レジはノーズギアカバーからJA

10VAと判明しました。

この元JA10VAはFLT履歴を辿って見ると7月11日のJW104にて台北から16:22

に到着後ラインを外れ、12日の06:51にJW9001として羽田へ。

15日にFLT No VNL10VAとして北海道上空へ向け06:32~11:39のHND to HND

のFLTを。17日にJW9002にて再びNRTへ向け06:44到着。

この日恐らく機内をピーチ仕様に改装するためクアラへ向かうものと思われま

すが、今現在FLT情報は公開されていません。公開されないのかな~(^^;)

 今回もAirbus Industrieの運航と思われますがFLT Noは不明です。AIB????便か。

この時11:59でした。

JW Airbus A320-214 (SL)
F-WHUS 7411 ex JA10VA

気が付くとそこにバニラがプッシュバックされて来ました。

Img_2828a

何時もの出発風景に違和感を感じ、レジを確認してみるとやはりフランス籍でした。

Img_2831a

Img_2836a

ノーズギアカバーから元レジJA10VAが判明。

Img_2838a

Img_2842a

この時11:59出発。

Img_2845a

Img_2851a

スタッフ増員でお見送り。

Img_2854a

以下8月11日追記。

FLT Noは12:24 テイクオフのAIB(4Y)7411便と思われます。

9日18:27に無事クアラへ到着した模様です。

※ 今回はFlightradar24ではFLTが公開されていません。なぜ?

2019年8月 4日 (日)

JLとカリッタの共同運航開始 K4 B747F N712CK

2019年08月03日未明撮影

この日仕事帰りの午前一時過ぎ、いつもの様に信号待ちでカーゴエリアに

視線を移すと、カリッタのB4フレイターに遭遇!もち撮るっきゃ無いでし

ょう(^^)でもどうにも障害物の写り込みが気になり、撮影場所を移動。

旅客ターミナル側フェンスサイドへ。障害物は無いものの真横でないのが

残念です。

さて、こうして偶然捉えたカリッタですが、帰宅後この機体の正体が判明

しました。

成田空港サーバー(http://www.page.sannet.ne.jp/km_iwata/)の8月2日の記事

に因りますと、JLとカリッタの共同運航がこの日始まるとの事で、この機体は

その初便だったのですね。

K4 582/01にてシカゴ発アンク経由で26分ディレイの2日18:57にNRT着

K4 583/03 初便として08:09にアンク経由シカゴへ向かった様です。

K4 Boeing 747-4B5F
N712CK 26414/1295 ex HL7400

カーゴエリアスポット203へステイ中の寝込みを狙いました(^^)

Img_2475a

小さなロゴのホワイトボディの当機。いつかK4フルカラーになるのでしょうか?

Img_2478a

横位置は良いのですが、何分手前に様々な障害物が興醒めです。

Img_2479a

レジとウイングレットのコラボ。お気に入りの構図です。

Img_2484a

スポットライト柱が写り込まない所へ移動すると機首が障害物の陰に・・・。

Img_2496a

そんなこんなで旅客ターミナル側のカーゴエリアが見渡せるフェンス際へ来て見

ました。斜め後ろながら障害物無しの全体像が撮れました。

Img_2507a

Img_2510a

照明が夜間時間外の減光パターンにより裸電球色に写ってしまいます。

Img_2519a

Img_2521a

Img_2528a

元コリアンエアカーゴHL7400の機齢17年選手で昨年の5月30日にカリッタへ移

籍された様です。

Img_2533a

折角なのでPW4056エンジンのアップなどを・・・。

Img_2542a

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »