無料ブログはココログ

BizJet (Other)

2018年6月27日 (水)

英国籍 チャレンジャー G-RNJP 引っ張り中

2017年01月24日撮影

JLの陰から「おっ、チャレンジャーだ~」と思っていたら引っ張り中でラッキー
な事に横位置が撮れました。
サテライト寄りの「間もなく出発だ~」スポットへ向けトーイング中かと思われ
ます。
TAG Aviation (UK) Ltd
Bombardier CL-600-2B16 Challenger 605
G-RNJP  5980  ex N605BD C-FJRG
Img_2319a
目前に現れてくれました。
Img_2320a
G-RNJPはいつもこの奥のスポットへ駐機し部分写真しか撮れないの
ですが、今回は建物の手前でゲットとなりました。
Img_2321
Img_2322
Img_2324a

2018年6月25日 (月)

ファルコン7X F-HSAS 日中バージョン

2017年01月23日撮影

F-HSASの日中バージョンです。
Sanofi-Aventis Groupe S.A. & Mobility SAS
Dassault Falcon 7X
F-HSAS  119  ex F-WWHA
op by Prince Albert of Monaco
Img_2302a
Img_2298a
Img_2297a_2
Img_2310a
Img_2308a
大型機では大口径エンジンに因る安全性の確立と経済性で三発機は衰退
してしまいましたが、Bizにおいてはダッソー社の家芸といった所でしょうか。
Img_2313

2018年6月23日 (土)

フランス籍ファルコン7X F-HSAS もはや常連!?

2017年01月22日未明撮影

2016年末に続き再来の当機。もう常連の域に達して来ていますね。
今回の夜間バージョンは粒子が粗いもののまあまあの写りで満足し
ていますが圧縮に因るカラーバランスの乱れが悩みどころです。
Sanofi-Aventis Groupe S.A. & Mobility SAS
Dassault Falcon 7X
F-HSAS  119  ex F-WWHA
op by Prince Albert of Monaco
Img_2263a
Img_2271a
Img_2273a
レジが薄いです。
Img_2274a
機首に何やら色被りが・・・。
Img_2291a

2018年5月21日 (月)

タグ・アビエイションUK チャレンジャー605 G-RNJP 再来

2017年01月15日撮影

私の知る限りでは約1年ぶりの再来でしょうか?この後17年度は飛来の多い
英国籍はタグ・アビエイション所有機です。
午前中いたファルコンのC-FPFSと入れ替わりにこのスポットに引っ張って来
ました(どこから持ってきた~?)。
TAG Aviation (UK) Ltd
Bombardier CL-600-2B16 Challenger 605
G-RNJP  5980  ex N605BD C-FJRG
スポットライト柱が目障りだったので消去して見ました。
Img_1902a
結構ブレブレで・・・。
Img_1904a
Img_1905a
Img_1914a
これにて2017年1月15日分終了です。

2018年4月 4日 (水)

インド空軍Biz Embraer ERJ-145BJ K3601 日中バージョン

03月29日撮影

インド空軍のK3601ですが一夜明けた日中バージョンです。
もしやと思いあれから調べたのですが、飛来目的が判明しました。
ヒントは首相官邸ホームページに有りました(^^)
そこにはこんな一文が「平成30年3月30日、安倍総理は、総理大臣官邸で
インドのスシュマ・スワラージ外務大臣による表敬を受けました。」と。
そうつまりこのインド空軍機は外務大臣搭乗機だったのです。
安倍総理とスシュマ・スワラージ外務大臣の会談動画はこちら↓
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg16850.html  ←←←←
写真を撮っていて気が付きませんでした。搭乗者が降りて来る所を注視して
いればスシュマ・スワラージ外務大臣のお姿を撮影できたのですが残念(^^;)
Indian Air Force(भारतीय वायु सेन)
Embraer ERJ-145BJ Legacy
K3601  14500867  "Meghdoot"  ex PT-SIR
こうして見ると何とも美しい機体ですね~。
Img_8641a_2
奥側には沢山のBiz達がステイしています。これらの写真は順次投稿
して行きますが1年以上後になるでしょうね~(^^;)
Img_8643a
2005年8月10日デリバリーの当機ですがよく輝いていますね~。
インドの軍人さんが日夜磨いているのでしょうか(^^)
Img_8648a
後部上空をチャイナのA330-300が離陸して行きます。
Img_8650a
Img_8651a
Img_8655a
Img_8662a
Ae3007 engine
Img_8681a
Img_8687a
このメタリック感満載の艶がたまりません。
Img_8693a
Img_8696a
Img_8698a
Img_8706a
Img_8712
当機のウイングレットには何も描かれていません。
国籍マークでも描いてあればもっとカッコ良いのですが。
Img_8715a
障害物が・・・。
Img_8721a
Img_8724a
機首下部にニックネーム?の"Meghdoot"ロゴが見て取れます。
Img_8731a
Img_8733a
Img_8738a
Img_8752a
当機は30日にお帰りになった様ですが、某サイトの情報によりま
すとその時のコールサインは”IFC31”との事です。
Img_8755a

2018年4月 1日 (日)

インド空軍Biz Embraer ERJ-145BJ K3601

3月28日撮影

この日、メンテエリアでBiz撮りをしていて、ふと気付くと何やら10人前後の団体

さんがこのスポットへ現れていました。

中には軍服を着た御仁も・・・。珍しい機体が飛来しそうな予感を感じ待つ事約

20分後フォローミーカーに先導され現れたそれはインド空軍のエンブラエルBiz

K3601でした。Bランへ門限間際に降りた様で、スポットインは22:57でした。

軍関連だからでしょうかフライトレーダー24にFLTデーターは公開されておらず

詳細不明です。

燃料給油も始まったので、お帰りシーンもゲット!と思いましたがよく考えてみ

ると既に門限を回っておりこの日飛ぶわけは無いのですよね。明朝帰られたら

困る(実際は30日のお帰り)ので、せめて邪魔な車両が居なくなるまで撮影を続

け、少しでも障害物の無い状態を撮る事に。

機体到着前に現れた団体は先行着の一般パッセンジャーで来日の出迎えさん

達でしょうか?K3601に搭乗組共々リムジンへ乗車し去って行きました。

多分再来は無いであろうという事でブログ開設以来初の写真53枚アップ。ここ

まで撮るか~(^^;)

Indian Air Force (भारतीय वायु सेन)
Embraer ERJ-145BJ Legacy
K3601  14500867  "Meghdoot"  ex PT-SIR
折角の横アングルですがコンデジでは追い切れず、手ブレ/ピンボケです。
飛来目的は何なのでしょう?
Img_8442a
こちらの側面の方がヒンディー語表記の「 भारतीय वायु सेन 」が
見れて面白いですが。
Img_8443a
Img_8445a
Img_8447a
Img_8448a
Img_8449a
Img_8450a
Img_8451a
Img_8452a
この時22時57分です。
Img_8453a
Img_8454a
タラップドアが開き始めました。
Img_8455a
この機体のシートアレンジはVIP仕様だそうです。
インド空軍の要人輸送機なのでしょうか。
Img_8457a
男性スタッフがカメラ目線に。撮影に気付いたか?(^^)
Img_8462a
リムジンの電光板表示が「CHARTER」に。
Img_8464a
Img_8467a
Img_8471a
一応軍用機なのでインド籍レジVT-ではなくK3601。
Img_8477a
手前に障害物が多すぎて・・・。
Img_8485a
Img_8489a
反対側はエア・インディア機同様にヒンディー語表記でभारतीय वायु सेन
となっています。
Img_8499
Img_8505a
Img_8506a
Img_8511a
燃料搭載を行い明日の朝一出発かと思いきや30日のお帰りでした。
Img_8522a
Img_8529a
最近はウイングレットももれなく撮る事にしています。
Img_8534a
Img_8535a
Img_8541a
車両が撤収し幾分ましになりましたが・・・。
Img_8548a
Img_8549a
Img_8564a
Img_8566a
Img_8569a
コクピットウインドウにサンシェードが装着されました。
Img_8572a
Img_8573a
Img_8578a
Img_8579a
Img_8582a
Img_8583a
Img_8587a
Img_8592a
ブルーのストライプが輝きまくっています。
Img_8594a
Img_8597a
Img_8604a
Img_8606a
この写真は地面とガードレール下部の隙間から撮って見ました。
黒っぽいモヤモヤはボケ切らない雑草です(^^)
Img_8614a
Img_8616a
Img_8618a
Img_8625a
Img_8628a
Img_8630a
Img_8633a

2018年3月20日 (火)

フランス企業運用 ファルコン7X F-HSAS 再撮り

2017年01月03日撮影

前回は逆光でしたのでこの日はリベンジ順光撮りです。
ここからのスポット撮りは全長が短いファルコンだからこそ串刺しにならず
撮れますが、ガルフストリームG650とかだと串刺しとなります。
Sanofi-Aventis Groupe S.A. & Mobility SAS
Dassault Falcon 7X
F-HSAS  119  ex F-WWHA
op by Prince Albert of Monaco

Img_1490a

2018年2月13日 (火)

フランス籍企業運用 ファルコン F-HSAS

2016年12月31日撮影

フランス・パリのサノフィ・アベンティス&モビリティが運用している当機
ならびにモナコ公国アルバート2世の所有機でもあるのですが、この二
者間の関係がよく判りません。アルバート2世が使用しない時、サノフィ
が借りているのでしょうか?
サノフィ・アベンティスは医薬品事業を行っている世界有数の製薬企業
の1つだそうで、日本法人は、サノフィ株式会社(通りで数回日本へ飛来
する訳です。)でさらに合弁企業のジェネリック医薬品、グループ企業の
エスエス製薬とよく知られた固有名詞が次々に(^^)。
モビリティはフランスの流通チャネルを確立している企業という事です。
この機体は2017年6月にも飛来していますがその時の写真は次の機会
にオイオイと(^^)
Sanofi-Aventis Groupe S.A. & Mobility SAS
Dassault Falcon 7X
F-HSAS  119  ex F-WWHA
op by Prince Albert of Monaco
逆光なのが残念です。
Img_1313a
Img_1319a
Img_1317a
以下、フェンスの写り込まない所で。
Img_1364a
Img_1370a
Img_1366a
ロービジじゃないですが薄色で描かれたレジは判別し難いですね。
Img_1315a

2018年2月 3日 (土)

スイス籍企業所有 GLEX HB-JEH 夜間バージョン

2016年12月28日撮影

HB-JEHの夜間バージョンです。
昼間とは違う顔を見せてくれる航空機。真っ暗ですが撮らずにはいられ
ません(^^)。
レンズに入り込む煌々と輝くスポットライト(これも?)の光を遮る事が出
来ればもう少し明るく写ってくれるのですが・・・。
Albinati Aeronautics
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
HB-JEH  9523  ex C-GSKD
Img_1261a
Img_1264a
暗い中に輝く主翼下面の反射がワンポイントでしょうか。
Img_1268a
暗くてごまかしが効いていますがエンジンポットへの光の反射が2重となり
豪快にブレているのが判ります(^^;)
Img_1267a

2018年1月20日 (土)

スイス籍企業所有のグローバル6000 HB-JEH

2016年12月28日撮影
スイスはジュネーブに本拠を置く会社で、世界規模での事業用ジェットの傭船、
管理、保守監督、販売および買収を行っているとの事、またフリートは19機を
保有している様です。
Albinati Aeronautics
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
HB-JEH  9523  ex C-GSKD
完全に日陰に入っています。日向だとどんな風に写ったのか・・・。
Img_1227a
Img_1237a
Img_1233a
Img_1235a
Img_1238a
まるで〒ポストの様なBR710-A2-20 engineポッド
Img_1230a

より以前の記事一覧