無料ブログはココログ

BizJetケイマン諸島籍(VP-C)

2018年8月19日 (日)

再撮りケイマン諸島籍のG550 VP-CLK

2017年02月01日撮影

ステイの続くVP-CLKですが手前のB-LEXが去り、全体像が撮りやすく
なりました。ただ、Jet★がまだ居座っており最横へは回り込めません。
また左方からのN998SSの翼も何だかな~(^^)
Great Prespa Ltd
Gulfstream V-SP G550
VP-CLK  5511 N851GA
Img_2732a
Img_2734a
Img_2736a
BR710-C4-11 engine
Img_2756a

2018年8月12日 (日)

ステイの続くタグアビエイションアジアGLEX VP-CJCとVP-CZL

2017年01月31日撮影

ステイが続く、奇遇にも同じ機種、同じオペレーターの両機。
違うのはカラースキムのみ。ビスタジェットなどカラースキムを統一している
事業者もありますが、ことBizに関してはほぼ統一性の無いカラースキムです。
大元のオーナーが違う事も起因しているのでしょうか。
TAG Aviation Asia
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
VP-CJC  9532  ex C-GTUA
Img_2713a
Img_2643a
Img_2641a
Img_2709a
TAG Aviation Asia
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
VP-CZL 9540 ex C-GTZS
Owner HCG Air Holding Limited
Img_2715a

2018年8月 2日 (木)

Great Prespa Ltd G550 VP-CLK 日中バージョン

2017年01月30日撮影

一夜明けてVP-CLKの日中バージョンです。なにかモヤッています。
手前にB-LEXがおり全体像撮れず。
Great Prespa Ltd
Gulfstream V-SP G550
VP-CLK  5511 N851GA
お昼前なので朝靄な訳も無いですが、何なんでしょう。
Img_2517a
Img_2521a
Img_2523a
Img_2529a
Img_2531a
再びの夜間バージョン。NHのトリトンブルーが暗闇に映えます。
ブレブレなのが残念!
機首を横切る翼は朝はいなかったファルコンのN998SSと思われます。
Img_2594a

2018年8月 1日 (水)

タグアビエイションアジア グローバル6000 VP-CJC

2017年01月30日撮影

爽やかなグリーン系のストライプが印象的なケイマン諸島籍のVP-CJC。
撮影時の寒空の1月より今の季節がお似合いかと。
帰宅時の夜間バージョンももれなく撮っちゃいました。ただスポットライトの
届かないこのスポットは真っ暗ですが・・・。
TAG Aviation Asia
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
VP-CJC  9532  ex C-GTUA
Img_2499a
エコなグリーンストライプ!?グリーン系の色遣いはアフリカ系の
エアラインに多いですよね。
Img_2501a
Img_2502a
Img_2506
BR710-A2-20 engine
Img_2508a
別の位置から・・・。
ガードレールが写り込むので下部を切り詰め、左側は車両が有る為
切り詰め・・・。残念ながらウイングレットがカット。
Img_2542a
三つの危険エリア。左はAUP排気、中央はエンジン排気、そして
右ダクトは・・・。エアコンの暖排気でしょうか(^^)
Img_2544
日中とは違う顔を見せてくれる飛行機。しかしこのスポットでは
その常識は当てはまらず真っ黒~!
Img_2588a
Img_2589a
Img_2593a

2018年7月21日 (土)

タグ アビエイション アジア グローバル6000 VP-CZL

2017年01月27日撮影

ケイマン諸島籍のタグアビエイション機です。
どことなく雰囲気がB-3099に似ていると感じるのは同時期に飛来している
からでしょうか(両機とも赤/金の2色使いで!)。
TAG Aviation Asia Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
VP-CZL 9540 ex C-GTZS
Owner HCG Air Holding Limited
Img_2374a
BR710-A2-20 engine
Img_2378a
Img_2379a
Img_2410a
ここからだと目障りなフェンスやガードレールの写り込みが回避出来ますが
左端のスポットライト柱により全体像が撮れません。
全長の短いチャレンジャーだとどうにか収まるのですが・・・。
Img_2416a
Img_2420a
ウイングレットの塗り分けが内外で異なっていました。
こちらは外側です。
Img_2423a
こちらは内側で、"HILLHOUSE"と文字列が見て取れます。
Img_2430a

2018年4月18日 (水)

メトロジェット グローバル5000 VP-CWN 再撮り

2017年01月08日撮影

ケイマン諸島籍の当機。前回は逆光だった為再撮りですが若干
もやった空気感です。
Metrojet Ltd
Bombardier BD-700-1A11 Global 5000
VP-CWN  9321  ex C-FTVN
rg Owner:Domino Power Holdings Limited メトロポリタン
Img_1648a
Img_1650a
Img_1652a
Img_1653a

2018年4月 9日 (月)

メトロジェット グローバル5000 VP-CWN

2017年01月07日撮影

ケイマン諸島籍の当機。レジオーナーが当初World Noble Ltdでしたが
2015年11月16日にDomino Power Holdings Limited へ移籍した様です。
Metrojet Ltd
Bombardier BD-700-1A11 Global 5000
VP-CWN  9321  ex C-FTVN
rg Owner:Domino Power Holdings Limited
Img_1585a
Img_1591a
Img_1587a
Rolls-Royce BR700-710 Engine
Img_1590a

2018年3月23日 (金)

また撮るの~のグローバル5000 VP-CES

2017年01月3日撮影

お帰りにならないのでつい再撮りしてしまいます。
ケイマン諸島籍のVP-CES。
Luxaviation Germany GmbH
Bombardier BD-700-1A11 Global 5000
VP-CES  9311  ex VH-DNK  M-SALE  C-FSSE
Img_1480a
Img_1481a
Img_1495a

2018年3月15日 (木)

ケイマン諸島籍 グローバル5000 VP-CES 再撮り

2017年01月01日撮影

一夜明けて再撮り分で、31日と同じ様な写りですが、艶が倍増してます。
Luxaviation Germany GmbH
Bombardier BD-700-1A11 Global 5000
VP-CES  9311  ex VH-DNK  M-SALE  C-FSSE
Img_1449a
Img_1445a
Img_1450a
右翼上面に滑り止めが見て取れますが、おろし金の様な立体感です。
Img_1412a
エバーの尾翼とコラボ
Img_1451a

2018年2月22日 (木)

ケイマン諸島籍のBiz事業者 グローバル5000 VP-CES

2016年12月31日撮影

ここの所NRTにはルクセンブルグのBizが良く飛来します。
今回のLuxaviation Germany GmbHは数社が集まった企業の様です。
Luxaviation Germanyはドイツのパーダーボルンに本社を置くビジネス
ジェット事業者。そしてFairJetsはルクセンブルグのジェット会社ルクセ
ンブルクと合併し、さらにベルギーのアベラグ、フランスのユニジェットと
合併。FairJets GmbHからLuxaviation Germany GmbHへのブランド変更
をし現在に至っているとの事です。
ドイツ籍でもない、ルクセンブルグ籍でもない、ケイマン諸島籍なのは各
国の合併企業だからなのでしょうか。
Luxaviation Germany GmbH
Bombardier BD-700-1A11 Global 5000
VP-CES  9311  ex VH-DNK  M-SALE  C-FSSE
Img_1345a
Img_1351a
Img_1353a
太陽光線が強すぎるのと陽炎のメロメロでボディのストライプの
シャープさが半減してしまってます。
Img_1354a
Img_1356a
ゴールドの色遣いが中々カッコ良い!
Img_1361a
普通レジが記入されている場所はエンジンポッドなのですが、たまに
この様に尾翼に記入されていると探し回ってしまいます。逆光時や夜
間撮りの時など「レジはどこだ~」と(^^;)
Img_1358a