無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

ステイの続くGLEX B-96999 定点撮影

2017年04月30日撮影

ステイ続行中、この日のB-96999で午後撮りの為逆光です。

Chung Shing Development Co Ltd
(op:飛特立航空股份有限公司)
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
B-96999  9673  ex N403PM  C-FEMN

Img_8323a

雰囲気的にはN115MHみたいで中々の美しさです。

Img_8331a

2020年9月29日 (火)

お帰りの日 AirX Charter Ltd A340 9H-BIG

2017年04月30日撮影

この日14時過ぎに第二ターミナル側沖留スポットで見かけた9H-BIGです。

長いステイを経て漸く離日の様です。

AXY2901/30として16:04にHKGへ向けお帰りに。

AirX Charter Ltd
Airbus A340-312
9H-BIG  374  ex M-VVIP  4R-ADF  F-GTUB

残念な事に障害物に埋もれています。

Img_8339a

障害物さえ無ければ光線状態がとても良く、超美しい写りなのですが。

Img_8334a

2020年9月28日 (月)

JL B787 JA838J トーイング中

2017年04月30日撮影

この日JL8781/29としてHNLから12:36に帰着し、降客後お昼寝の為ハンガー前

スポットへトーイングされて行くJA838Jです。

お昼寝後JL751/30にて18:21にHANへ向かった模様です。

JL Boeing787-8
JA838J 34849/231

右奥にはB777が露天エンジンメンテ中の様です。このスポットへ駐機中のJAL機

は、レジが水平尾翼で隠され見えないので殆んど撮りません。

夕刻は夕焼け空と絡めた綺麗な絵が撮れるスポットなのですが・・・。

Img_8322

2020年9月27日 (日)

再来小さなチャイナイースタンE135 B-3099

2017年04月30日撮影

前回は1月下旬に見かけた当機。今回も同じスポットで全体像は撮れずです。

29日の21:57にCTSから飛来した模様です。

China Eastern Airlines Executive Air
(东方公务航空有限公司)
Embraer EMB-135BJ Legacy 650
B-3099 14501173 ex PT-TJZ

Img_8318a

前回は気付きませんでしたが、よく見るとキャビンウィンドウ前方に何やら塗り

潰したというか、ロゴのラッピングでも剥がしたかな様な跡が白く見て取れます。

Img_8311

陽炎メロメロで判別し辛いですが、コクピットウインドウ下部に东方公务航空の

ロゴが見えます。その左後方に絆創膏でも貼ったかな様なひときは白い部分が。

何が描かれていたのでしょう。

Img_8313a Img_8317a

2020年9月26日 (土)

この日の定点撮影 JL B767 JA604J & NH B777 JA783A

2017年04月30日撮影

この日見かけた沖留中のJA604JとJA783Aです。

JL Boeing 767-346ER
JA604J 33493/905

JL3002/30としてITMから09:18に飛来し、お昼寝後JL869/30にて18:22にPEK

へ向かった模様です。

Img_8300 Img_8332a
NH Boeing 777-381ER
JA783A 27940/737

NH9410/28としてAKLから28日の08:17に飛来後この日までステイ。

NH9409/30にてこの日の夜19:20再びAKLへ向けFLTに就いた模様です。

Img_8305

2020年9月23日 (水)

この日の定点撮影 JL B767 JA621J

2017年04月29日撮影

この日のJA621JはJL3082/29としてNGOから09:16に帰着。降客後このスポッ

トへ移動して来ました。

JL Boeing 767-346 ER
JA621J 37548/975

Img_8269a Img_8267a

この日のBizたち 陽炎でメロメロ

2017年04月29日撮影

この日見かけたBizたちで、ステイ中のN688CP、到着したばかり?のN251TD

そしてお帰り途上のOY-RADの3種です。

Aircraft Guaranty Corp Trustee
(op:Siam Land Flying Company, Ltd.)
Dassault Falcon 2000EX
N688CP 241
Charoen Pokphand Group Corporate Aircraft?

機首はスポットライト柱施設に隠され見えません。

Img_8263a

Wilmington Trust Company Trustee
Gulfstream G-VI (G650)
N251TD 6116 ex 9H-ZMB N616GA

到着したばかりでしょうか、タラップゲートを開放しています。

黒くモヤモヤした物はボケ切らない金網フェンスです。

Img_8288 Img_8293a

Air Alsie A/S
Dassault Falcon 7X
OY-RAD 129 ex SE-DJD F-WWUA

ふと、右方へ目をやると先日飛来していたOY-RADがお帰りの為タキシングして

行きました。遠方な為陽炎が凄いです。

Img_8294

 

 

2020年9月22日 (火)

この日のAirX Charter A340 9H-BIG

2017年04月29日撮影

ステイ続行中のこの日の9H-BIGです。

毎回同じ構図でお腹一杯ではありますが・・・(^^;)

AirX Charter Ltd
Airbus A340-312
9H-BIG  374  ex M-VVIP  4R-ADF  F-GTUB

Img_8255

ツバサの端から端までズズズイ~と。

Img_8278

別角度から。

Img_8280

ウイングレットのBIG Xを撮って見た。

Img_8282

2020年9月19日 (土)

飛行機の皮膚 CX B747 B-HUJ

2020年06月10日購入

以前CXオンラインショップ版がリリースされていたB-HUJですが、その半年後に

発売されたAviationtagオリジナルVerのB-HUJです。

CX Boeing 747-467
B-HUJ 27595/1061 ex VR-HUJ

ブルーVer

Img_0386

02175/12000

Img_0387 

Img_0388

ホワイトVer

Img_0389

00501/12000

501といえば嬉しい事にNRT-HKG間のFLT No CX501便じゃないですか~(^^)

ウ~ンいい番号ですね~。

Img_0390 Img_0391

2020年9月18日 (金)

飛特立航空股份有限公司 GLEX B-96999 日中Ver

2017年04月29日撮影

一夜明けたB-96999の日中Verです。

FBの飛特立航空ページでこの機体について問い合わせた所、「ご連絡をありがと

う。メッセージを受け取りました」と返信が(回答になっていない!?)あり、後日

返信しますョ的に取れなくも無いですが、あれからなしのつぶてです。ま~、一

介の飛行機付きをいちいち相手してられないといった所でしょう(^^;)

ヨーロッパのBizチャーター企業からは概ね丁寧な返信がありますが、アジア系は

どうもな~という私の独断と偏見ではあります・・・。

さてB-96999ですが昔のニュージーランド航空を彷彿とさせる、パステルカラー

が何とも美しいです。

Chung Shing Development Co Ltd
(op:飛特立航空股份有限公司)
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
B-96999  9673  ex N403PM  C-FEMN

Img_8231a Img_8244a_20200918031401 Img_8233a Img_8246a

WTTロゴはブルーからグリーへとグラデェーションしています。

Img_8237 Img_8239

別角度から・・・。フェンスにガードレールもプラスされ、何だかな~。

Img_8257a

2020年9月17日 (木)

むむっ、この尾翼は!?N688CPその後

2017年04月29日撮影

飛来から2日目、手前の機体がいなくなり漸く全貌を露わにしたN688CPです。

でも建屋とスポットライト施設間のスペースに機体は収まり切らず、全体像を写

す事は出来ず、右往左往し撮った写真を合成し,一枚の写真をでっち上げる事に。

さてこのN688CPですが、レジオーナーやオペレーターが絡み合い何と複雑な事。

Aircraft Guaranty Corp Trusteeは1989年に設立された受託サービスプロバイ

ダーとの事です。

機体は(レジオーナーの関係上)米国籍ですがオペレーターはタイで民間航空機

チャーターを開拓中のSiam Land Flying Company, Ltd.との事。

そして尾翼にはC.P.GROUPのロゴマークが。このマークが意味する所はこの機体

はC.P.Gの社有機という事?でしょうか。

Charoen Pokphand Groupは自身のホームページで「タイ国王閣下の任命により」

と謳っています。

Aircraft Guaranty Corp Trustee
(op:Siam Land Flying Company, Ltd.)
Dassault Falcon 2000EX
N688CP 241
Charoen Pokphand Group Corporate Aircraft?

機首はスポットライト柱施設に因り・・・。

Img_8203a

尾翼は建屋のスチールバー埋もれ・・・全体像は撮れず。

Img_8211a

陽炎が凄いです。

Img_8216a

米国籍レジを付けつつ、尾翼のタイ企業はCPGのロゴマークは社有機の証!?。

果たして真相は。

Img_8206a Img_8219a

全体像が撮れないので、以下合成写真をねつ造してみました(^^;)

Img_8211xa

2020年9月12日 (土)

飛行機の皮膚 SQ A380 9V-SKB

2020年05月15日購入

9V-SKAに続いてAviationtagからリリースされたA380TAG第二弾の9V-SKBで、

このVerは2月19日からの予約販売という形がとられました。

9V-SKAの限定7000に対し9V-SKBは500増量の7500の限定数でした。

この9V-SKBも白装束という事で色TAGは存在しません。

SQゴールドだったらどんなに良かったのに・・・。もっとも私的にはSQイエロ

ーの方が好きですが。

さて、-SKBも-SKA同様、後レジが存在するのですが・・・。

そのレジとはマルタ籍は9H-DPBで・・・。ま、いいっか。

9V-SKBの最終FLTは・・・

2018年のSQ8898/09SepでSIN 10:39発 LDE 17:04着との事です。

その後9H-DPBへレジ変され、2019年4月にスクラップが開始された様です。

果たしてこのTAGが切り出されたのはどちらのレジの時点でしょう(^^;)

SQ Airbus A380-841
9V-SKB  5  ex F-WWSB

Img_0380 Img_0381

結構な厚みが有ります。

Img_0382 Img_0383

以下9V-SKA TAGとのコラボで両方のボードを並べると1機のA380が現れます。

Img_0384a Img_0385a

2020年9月11日 (金)

Chung Shing Development Co Ltd GLEX B-96999

2017年04月28日撮影

この夜見かけた台湾籍はグローバル6000のB-96999ですがFLTが非公開なので

何処から何時に飛来したのか不明です。

機体のレジオーナーは香港企業のChung Shing Development Co Ltdというリ

サイクル業者でオペを台湾の飛特立航空が行っていると判断しましたが如何でし

ょう。飛特立航空のFBページからその件についてと尾翼のWTTロゴについて、朝

一で問い合わせしたのですが、今の所返信が有りません(^^;)

Chung Shing Development Co Ltd
(op:飛特立航空股份有限公司)
Bombardier BD-700-1A10 Global 6000
B-96999  9673  ex N403PM  C-FEMN

Img_8180a

暗闇の中どうにかB-96999レジが読み取れました。

Img_8183a

この”WTT”ロゴの意味する所は・・・。

Img_8186a Img_8189a Img_8198a Img_8201a_20200911215101

別角度から。

Img_8202a

米国籍F2TH N688CP 日中Ver

2017年04月28日撮影

一夜明けてN688CPのステイ中の様子です。

この日も前方に他機がいて全体像が撮れずです。

もっとも他機がいなくなってもスポットライト柱は消えない訳で・・・。

Aircraft Guaranty Corp Trustee
(op:Siam Land Flying Company, Ltd.)
Dassault Falcon 2000EX
N688CP 241
Charoen Pokphand Group Corporate Aircraft?

Img_8145 Img_8166a Img_8169a

2020年9月10日 (木)

飛行機の皮膚 AF A319 F-GPMB

2020年04月20日購入

AFのA340はトリコロールで入手出来たのに、今回のA319 Verは赤系がゲット

ならずです。

エールアンテールの機材としてロールアウトし合併劇によりAFの機材になった様

ですね。合併といえばUTAもそうで、エアラインが消滅してしまうのは忍びない

です。

さて、F-GPMBの最終FLTは・・・。

2018年のAF365V/29MayとしてORYを13:23に飛び立ち12:31にDGXへ降り立

った様です。ところでFLT Noの「V」は何を意味するのでしょう?

AF Airbus A319-113
F-GPMB  600  ex D-AVYC

ホワイトVer

Img_0371

096/900

Img_0372 Img_0373

ホワイトXブルー バイカラーVer

Img_0374

718/900

Img_0375 Img_0376

ブルーVer(TAG上端のリング穴付近が「日頃のご愛顧に感謝して(と私は勝手

に解釈しています)」ホワイトとのバイカラー化しています。

このサービスバイカラー?は単色ピュアカラーが欲しい場合は複雑な心境では有

ります(プチレアも良いけどピュアも欲しい心の葛藤)。ウ~ン・・・。

Img_0377

585/900

Img_0378 Img_0379  

2020年9月 6日 (日)

いつの間にか移動していたDL B767 N152DL

2017年04月28日撮影

DL9969にて26日にKIXから飛来後エンジンメンテ中だったN152DLがこの日

スポットチェンジしていました。

29日にDL295として17:45にPVGへ向けお帰りになった様です。

DL Boeing 767-3P6(ER)(WL)
N152DL  24984/339  ex A4O-GM 

Img_8134a Img_8128 Img_8129a Img_8133a

2020年9月 5日 (土)

モノトーンの美しさ? WTC G650 N251TD

2017年04月28日撮影

逆光でモノトーンに輝くN251TDです。

Wilmington Trust Company Trustee
Gulfstream G-VI (G650)
N251TD  6116  ex 9H-ZMB  N616GA

Img_8122a Img_8123a

角度を変えて。

Img_8147a

2020年9月 4日 (金)

再撮り A340 9H-BIG

2017年04月28日撮影

ステイ続行中の9H-BIG再撮りです。

お帰りまであと2日・・・。

午後撮り逆光ですが機体のテカリが美しいです。

AirX Charter Ltd
Airbus A340-312
9H-BIG 374 ex M-VVIP 4R-ADF F-GTUB

Img_8119 Img_8157a

CA A330がフレーム・インしてくれました。

Img_8178

2020年9月 3日 (木)

この日の定点撮影 JL B787 JA863J

2017年04月28日撮影

2016年2月16日デリバリーの当機、撮影時はピッカピカの~満1年生でした。

この日JL403/27AprとしてFRAから13:03に飛来。沖留中の様子です。

この夜JL771/28Aprにて21:24にSYDへ向けFLTの途へ。

最近の当機はHND路線専用機材に・・・。

JL Boeing 787-9
JA863J  38137/391  ex N8294V

Img_8116 Img_8136a

飛行機の皮膚 AC B767 C-FCAG

2020年03月31日購入

2018年8月6日に抹消されてしまった、ACのC-FCAG。

この後セスナ560によりレジが使い回され、AC B6の最終FLT履歴は上書きされ

迷宮入りに・・・。なんてこったい。

AC Boeing 767-375 (ER)
C-FCAG  24085/220  ex N6009F

パールライトブルーというのでしょうか、キラキラ輝いています。

Img_0368

0665/1850

Img_0369 Img_0370

飛行機の皮膚 WindRose Aviation Company A330 UR-WRQ

2020年03月11日購入

派手派手でそして厚~いUR-WRQのTAGです。

サベナやマレーシアのフリートという由緒正しい!?レジ歴を経た当機。

こちらUR-WRQも退役後、2018年1月25日からDAE CapitalによってLZ-AWP

として登録される機歴を持っています。

でも、UR-WRQ時に切り出されたのでしょうね!?

UR-WRQの最終FLTは2017年の 7W7001/01AugとしてKBPを12:52に発ち

DGXへ13:27に到着した様です。

WindRose Aviation Company
Airbus A330-223
UR-WRQ  296  ex 9M-MKV  EI-CZS  OO-SFR  F-WWYC

オレンジVer

Img_0360

0982/2500

Img_0361

厚い!

Img_0362 Img_0363

ミント?Ver

Img_0364

0324/2500

A330の文字列の所に結構な凹み状の傷が見受けられます。でもこれだけ厚い外

板だと運航に支障はなかったのでしょうね(^^;)

こんな傷なのに塗装の剥がれないという事は、過去のフリート時代の古傷なので

しょう。

Img_0365

こちらも厚い!

Img_0366 Img_0367

2020年9月 2日 (水)

むむっ、この尾翼は!?米国籍F2TH N688CP

2017年04月27日撮影

この夜見かけた米国籍のファルコン2000。他機に埋もれて全体像が見えません。

この日17:41にDMKから飛来した模様です。

Aircraft Guaranty Corp Trustee
(op:Siam Land Flying Company, Ltd.)
Dassault Falcon 2000EX
N688CP 241
Charoen Pokphand Group Corporate Aircraft?

Img_8080 Img_8077a Img_8081

ついでにこちら翼の重なりが美しかったので・・・。

Img_8113a

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »