無料ブログはココログ

« ステイ中のBiz 定点撮影 GL5T VP-CESとG5 N550GH | トップページ | いつの間にやらノーマルカラーに JL B787 JA837J »

2020年11月21日 (土)

飛行機の皮膚 KL B747 PH-BFF

2020年09月07日購入

前回のPH-BFRに続き第二弾となったPH-BFFです。

両機ともコンビタイプでサイドカーゴドアを装備していますが、PH-BFRは

その彫刻が何故だかオミットされていましたが、今回のPH-BFFはしっかり

と再現されています。

実機は当時NRTへも飛来していましたが、無念にも撮っていません。

PH-BFFの最終FLTはスクラップの為2018年のKL747/25DecとしてAMSを16:51

に発ちENSへ17:22に降り立った様です。

KL Boeing 747-406M (Combi)
PH-BFF 24202/770 "City of Freetown" ex N6046P

Img_2316

0868/4000

868と言えばKIX-AMS間のFLT Noなんですね!

PH-BFRが限定12000だったのに対してPH-BFFは1/3の限定4000です。

Img_2317

裏面は上部に他部品との干渉部分なのでしょうか、趣が見られます。そして中程

左端に引搔き傷(誰だ~(^^;))と中々楽しい裏面です。

Img_2318

« ステイ中のBiz 定点撮影 GL5T VP-CESとG5 N550GH | トップページ | いつの間にやらノーマルカラーに JL B787 JA837J »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステイ中のBiz 定点撮影 GL5T VP-CESとG5 N550GH | トップページ | いつの間にやらノーマルカラーに JL B787 JA837J »